燻し生活

燻製・料理に関する内容を書いていきます。たまに仕事の話もします。

レシピ

【ソミュール液】燻製に欠かせないソミュール液とは?レシピまとめ

2017/03/13

こんにちはタクレイです。

 

今日は燻製に欠かせない、ソミュール液のレシピを公開したいと思います。

ソミュール液とは食材を塩漬けにして、乾燥の際に食材が腐るのを防ぐための塩分濃度の高い液体のことを指します。

そのソミュール液によって、燻製の味が大きく変わりますのでしっかりと基本を抑えた上で作っていきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

ソミュール液とは

まずは基本的な情報です。

ソミュール液とは燻製の工程の中にある、「塩漬け」という工程の中で使用する液体のことを言います。

塩分濃度の高い液体に漬けることによって食材にまんべんなく塩分が染み込み、食材の中の水分を出す働きをします。

塩だけでなく、ハーブやスパイスも使用するので、同じ食材を燻製したとしてもソミュール液が変われば、味は全く違うものになります。

自分独自のソミュール液を作ることによって味も変わってくるので燻製を行う人はここでオリジナリティを出せるということですね。

 

塩漬けするための2種類の方法

塩漬けする方法は2種類あります。乾塩法と湿塩法と呼ばれる手法です。

ソミュール液を使用する際は湿塩法ということになりますね。

 

乾塩法(振り塩法)

塩を液体に溶かさずに、塩を食材に塗り込む塩漬け方法です。

メリット

脱水作用が強いため、保存が効きやすい。

仕込みの手間がないので、簡単。設備や器具がいらない。

デメリット

塩分の濃度にばらつきが出てしまう。

味にばらつきが出てしまうので、大きな食材には不向き。

湿塩法(たて塩法)

液体に塩を溶かし、食材を漬け込むことによって塩分を浸透させる方法。

メリット

食材に均等に塩を漬け込むことができる。

 

 

デメリット

液の仕込みが必要なので手間がかかる。

 

 

 

ソミュール液・ピックル液の違い

湿塩法を行うための2種類の液体を紹介します。

ソミュール液とピックル液という液体があるのですが、皆さん、ソミュール液とピックル液と同意義と勘違いして全てソミュール液と呼ぶ人もいる見たいなのですが、明確に違いがありますので抑えておきましょう。

 

ソミュール液

塩漬けを目的とした液。主に塩分のみなので特に、塩水に近いものです。

 

ピックル液

塩分だけでなく、醤油やにんにく、だしなどが入っており、塩漬けだけでなく味付けも目的としたもの。

基本となるソミュール液に対してどんな調味料を入れるかによって千差万別の味になります。

 

基本レシピ

ソミュール液の塩分濃度は基本で15%と言われています。

醤油などをいれてピックル液にする場合は塩分濃度は前後する場合もありますが、基本的にソミュール液を作る場合は塩分は15%と認識していて下さい。

水…1000ミリリットル

塩…150グラム

三温糖…70グラム

スパイス…少々

応用レシピ

オススメスパイス&ハーブ

ブーケガルニという商品がオススメです。

一言で言えば、ハーブの詰め合わせです。燻製のレシピ本でも多く使用しているレシピが公開されています。

 

 

作り方

①材料を全て鍋に入れたら火にかける

②鍋が沸騰したら、弱火にして30分程煮込む。

③塩のアクをすくいながら、30分煮込んだら火を止める。

④粗熱が取れるまで鍋で冷やし、冷えたら容器にうつして保存。

 

保存方法

保存する容器は果実酒を漬け込む100均に売っているやつで十分です。

これ

DSC_0268

 

 

ただし、置く場所は日に当たらない涼しいところで保存して下さい。

我が家は、キッチン下の棚の奥に隠してあります。

季節や天候にもよりますが、大体1ヶ月~2ヶ月持ちますので多めに作っておいても大丈夫そうです。

僕の場合は大体1ヶ月で使ってしまう量を仕込むようにしてます。

 

 

ソミュール液を使ったオススメレシピ

もちろん最初はベーコンでしょ!

 

ということで以前の記事ですが、ソミュール液から、豚バラのベーコンを作ってみたので

そちらを参照しておきます。

 

DSC_0304

【ベーコン】燻製用ソミュール液作ってベーコン作ってみた。

 

 

食材によってソミュール液の配合を変えて、塩分濃度をコントロールすることも重要ですので、

その食材に合ったレシピがあれば、ここに随時更新していこうと思います。

 

 

まとめ

ソミュール液の場合はしっかりと基本レシピを頭に入れて、塩分濃度さえ気をつければそのまで大きなミスはないと思います。

 

逆にピックル液は自分独自のレシピを作れるので日々試行錯誤する必要があるということですね。

 

僕は結構ハーブやスパイスを入れてしまうのですが、醤油・出汁などの和風調味料で色々試してみるのも今後チャレンジしていきたいと思います。

 

 

それでは!

 

スポンサーリンク

この記事を読んでためになった!という心優しい方はいいねやはてブ登録お願いします!